ブログトップ

くらしのし

mgibson.exblog.jp

カテゴリ:ながめのし( 7 )

しあわせのあしおと


しあわせの
あしおとって

ちかづいてくる?

それとも

とおざかる?

あしぶみを
しているよ

ここにいるよ
とおしえている

あしおとの
しない
ときには

すやすや
ねいきを
たててるよ

だから

みみを
すませばいい

みえない
しあわせには
めをとじて

そっと
みみを
すますのがいい










夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村 自作詩・自作ポエム

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。

人気ブログランキングへ

今日も、ご支援のクリックをありがとうございます!

このブログ「くらしのし」のFacebookページを作りました。
こちらからご覧になれます。
トップのタイトル「くらしのし」の右手にある
「いいね!」のクリックをお願いします。
コメントもお待ちしています。どうぞよろしくお願いします!

Twitterは、こちらからご覧ください。
[PR]
by miyakogibson | 2013-02-20 18:18 | ながめのし

靴のように


どの靴も
おなじ場所が
おなじ形に
へっていく

きっと
体のなかの
骨や
心だって

そうとは
気がつかない
うちに

おなじ場所が
おなじ形に
へっていく
のだろう

体や心は
靴のように

はきかえる
ことなど
できない
というのに










夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村 自作詩・自作ポエム

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。

人気ブログランキングへ

今日も、ご支援のクリックをありがとうございます!

このブログ「くらしのし」のFacebookページを作りました。
こちらからご覧になれます。
トップのタイトル「くらしのし」の右手にある
「いいね!」のクリックをお願いします。
コメントもお待ちしています。どうぞよろしくお願いします!

Twitterは、こちらからご覧ください。
[PR]
by miyakogibson | 2012-12-23 19:12 | ながめのし

青いトマト


ビー玉くらいに育った
青いトマト

ぶるぶると
ふるえている

実をつけることのできた
興奮の産声か


ピンポン玉くらいに育った
青いトマト

ぶるぶると
ふるえている

におい立つ青春の
雄たけびをあげるかのように


握りこぶしほどに育った
青いトマト

ぶるぶると
ふるえている

ほんのりと
赤みのさしはじめた頬は
これまでにないほど

ぶるぶると
ふるえている

もうこれ以上
熟すのをこばむかのように

もぎとられる日を
予期しているかのように

ぶるぶると
ふるえている

青いトマトは

ぶるぶると
ふるえている










夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村 自作詩・自作ポエム

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。

人気ブログランキングへ

今日も、ご支援のクリックをありがとうございます!


受精しないと人が生まれないように、
トマトも受粉しないと実らないんですね。

トマトを育ててみて実をつけるのは
うまく受精できた花にだけなんだと実感しました。

そうして実った青いトマトをながめていると、
人間として生まれてきたわたしたちの
ひとりひとりがさずかった幸運を感じます。
命の稀少さや、けなげさ、いとけなさを感じます。

でも、もしかすると、トマトの青春も、
たぎる生命力に翻弄されたり、
自分の存在や命などについて哲学してみたり、
悩みのつきない日々なのかもしれません。
なんてね。
[PR]
by miyakogibson | 2012-07-20 06:29 | ながめのし

てんとうむし


水玉もようの
ヘルメットをしょって

草の葉のうえを
もくもくとはっていく
てんとうむし

無口だから
だれにもしゃべったことは
ないけれど

重たいこうらのしたには
ガラス細工の
翅をおりたたんでいる

だから
翔ぶときには
翔ぶ

日の光にきらめく
そのはばたきを
目にすれば

無口なてんとうむしが
はじめて物語る
雄弁な羽音を聞くことに
なるでしょう










夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村 自作詩・自作ポエム

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。

人気ブログランキングへ
[PR]
by miyakogibson | 2012-07-17 00:05 | ながめのし

みみず

みみずは
さびしくないんだ
と思っていた

ひとつの体のなかに
女性の部分と
男性の部分を
もっているのだから

だけど

さびしさのあまり
なのかもしれない

ひきさかれると
二匹になって
生きつづける

さかれても
さかれても
数をふやして
生きようとする

みみずは
夢みている
のかもしれない

いつか
つがいとなって
生きることの
できる生を

さびしさを
だれかと
わけあうことの
できる生を










夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村 自作詩・自作ポエム

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。

人気ブログランキングへ
[PR]
by miyakogibson | 2012-07-05 03:54 | ながめのし

阿修羅立像


焼失した精舎のうす暗闇のなかから
三方界をみそなわす
そのいたい眼差し
かすかな白光(びゃっこう)をはなち
域がのびる

剛(こわ)い腕の一対で
天にあろうとするものをささえ
もう一対の指先が
とどきえぬ天に憧れるものをつつむ

触れられるものがみずからほころび
万世万葉を合わせる掌のなかへ
とかれてゆく
緑の翳(かげ)を這い
太古の馬酔木(あせび)の小路へ
みちびかれていく

蛇(じゃ)のごとく
蜘蛛(ちちゅう)のごとく
人にも似たり
飛翔せずして地にとどまった神
阿修羅は
ひきよせる眉のしたに
直立してふむ地の深さを見つめている










夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村 自作詩・自作ポエム

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。

人気ブログランキングへ

今日も、ご支援のクリックをありがとうございます!


たとえば、ルーブル美術館でモナリザを見たときも、
本物を見たという事実に感動しただけのわたしでした。

ところが、興福寺を訪れて本物の阿修羅像を目にしたとき、
その場に立ちすくんだまま動けなくなってしまいました。

薄暗い寺社の内部が世界のすべてであり、
その中には、阿修羅像と阿修羅像に対面しているわたし以外
何も存在しないかのような……。

あのときの感覚は、今もって忘れることができません。
[PR]
by miyakogibson | 2012-06-29 00:45 | ながめのし

星々のひみつ

明るいほうが
よく見える

というのは
ほんとう?

明るい昼には
空をてらす太陽が

見ることのできる
一番遠い
距離なのに?


空を見あげれば

太陽よりも
もっとずっと遠い

ごまんの星々の
きらめきが

ほんとうは
暗いほうが
よく見える

宇宙には
そんなひみつの
あることを

ひそかに
またたいて
教えているよ










夢実現へ
1日1クリックのご支援をお願いします!

にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村 自作詩・自作ポエム

もしお急ぎでなかったら、こちらにも……。

人気ブログランキングへ
[PR]
by miyakogibson | 2012-06-17 00:20 | ながめのし